夜中に電話



2017年に入って18日が過ぎました。一日一日を慎重に生活しているように感じています。これをやろう、これができた、次はこれ、みたいに石橋を叩いた生活が続いているのです。今年はたぶんこんなスタイルだなあ。

この前、夜中に電話がありました。家の固定電話が鳴ったんですが、一体どこからだろうと不思議でしたね。ナンバーディスプレイは初めて見る番号が示されていました。このまま無視しようと思いましたが、こんな夜中に、深夜2時頃に、電話があるもんだから、身内関係の事かなと思い、受話器をとったんです。そしたら、どうにも身に覚えの無い所からの電話で、その内容も正しく理解できませんでした。寝ぼけた頭をフル回転させながら、その電話対応をこなし、どうやら緊急連絡網が関係していると言う結論となりました。

要は行政サービスの一環で、高齢者や社会的弱者の見守りサービス。で、その契約者の申請内容に、うちの電話番号が明記されていたようです。もちろん、うちは何の事かさっぱりわかりません。行政に問い合わせて、今後の対応が解決できました。たぶん、今後はますあす重要になってくるサービスです。けれど、登録情報の見直しがもっと重要になってくると感じた今回の一件でした。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。それにしても、緊急連絡網のコールセンターの対応はクエスチョンばかりだったなあ。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!