席を譲る



今日寝て、明日の朝起きると、それは2016年の大晦日です。いやあ、1年なんてあっという間です。毎年そう思います。1年が長かった(永かった)と思ったときはないんじゃないかな。

前から気になっていた中華店へランチを食べにいきました。テーブル席がすべて埋まっていたので、大きいテーブルのひとり用の席を選んで座りました。少しすると、4人連れの家族が入ってきましたが、足を悪くしている方がいたもんでテーブル席を希望されていました。でも、満席。空くまで待つとその家族が言います。

ふとテーブル席をみると、4人掛けのテーブル席に、ひとりでいたり、ふたりでいたりという具合です。店内に小上がりの座席もあって、そこは空いていました。だもんで、その人たちが席を譲ってはどうなんだと思いましたね。料理がまだ運ばれていないテーブルもあったし。しばらくしても、どうにも動きそうにないもんで、僕が席を譲り、僕が6人掛けの小上がり座席へ移動しましたよ。大きいテーブルは全部で8席あって、僕ともうひとりの先客が対角線状に座っていたので、僕が移動する事で、4人家族がゆったり座れますからねー。一日一善だなあ。うん。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。ひとりでご飯を食べに行くと、座る位置に気を配ります。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!