手書きの感覚



11月11日のゾロ目です。介護の日、麺の日など、ゾロ目にあやかっていろいろな記念日となっています。コピーライターの日でもあって、職業柄知っていないといけないけれど、さっき初めて知りました。ひとつ知識が増えましたね。

広告の仕事はデジタルで、パソコンで行なう作業が多いです。でも、コピーライターとしてアナルグな面もあり、企画アイデアやラフスケッチ、校正など、手書きもなくなっているわけじゃあありません。その部分は、人に見られることが無いので、ちょっとだだくさな字になってしまっている今日この頃でもあります。

字がうまいかへたかはわかっていませんが、字が書けます。まあ、スマホ時代の今、もしかして字が書けない人がいるかもしれないなあ。最近、字を書いていないって人、案外多いと思いますね。手書きの感覚って、視界がひらけるみたいに、思考が整理されますよー。メールを打つことと、手紙を書くことは、同じようで実は違っていて、素敵な内容になるのは手書きだと僕は信じています。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。もう週末です。2016年もカウントダウンだなあ。このブログの4万ページュビューへもカウントダウンです。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!