「こち亀」が連載を終了



気付けば、蝉の鳴き声はピタッとやみましたね。窓の外では、コオロギか鈴虫が鳴いています。まだまだ蒸し暑いけれど、秋ですね。今年はどんな秋にしようかな。恋愛の秋、かな。願望ですけどね。

大好きな漫画のひとつ「こち亀」が連載を終了されます。最初聞いた時は、これも話しのネタかなと思った程です。確か、一度そういう内容の時があったもんですから、今回もそうだろうと…。本当に終了のようですね。描くテーマの切り口をよく参考にしました。まずはお疲れ様でした。

「こち亀」の単行本を昔揃えていました。1巻から50巻は全部揃っていたなあ。でも、経済的に困窮していて泣く泣く古本屋に売ってしまったんですけど、今でも後悔です。単行本は200巻が区切りとなるようで、すごいなあ。どこまで続くのだろうという楽しみはありました。それも終わりなんだあ。あれだけ続けられた秘訣は何だろう。作者にしか分からないかもしれませんね。世界中で人気がある日本の漫画があるけれど、「こち亀」はそうじゃなかった。そんな所も好きでした。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。ふと書棚を見たら、「こち亀」の単行本が5冊ありました。再び揃えようとしていた様子です。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。