若者のメタボ



いつもは折り畳み傘を持って外出しますが、いざ突然の雨の時に限って忘れている…。ぬお。人生はこんなことの連続のように感じます。

さて、月1回くらい、名古屋に行く用事があります。その時は多くの人とすれ違うのですが、気になることがあります。それは若者のメタボですね。若者が集まるスポットを通ると、けっこな確率でメタボ体型なんですよね。まあ、他人の人生だからほかっておけばいいのだけれど、どうにも多いもんで。

自分のことを振り返ると、さすがにメタボではなかったです。メタボと言う言葉があったかどうかはわかりませんがね。どちらかというとハングリー(空腹)だったように思います。今の若者は恵まれているのだろうと想像します。そして、モテたい、という気持はどうなんだろうなあ。まあ、何を言ってもおじさんの愚痴話になってしまうのだろうか。おじさんこそ、メタボが多いじゃないですかーと言われたらぐうの音も出ないしねー。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。地元が大好きだけれど、隣の都会へたまには行かないとね。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!