Illustratorが上達



ずーと扇風機を付けていたら、さすがにその本体部分がちんちこちんでした。ごめんね、扇風機。でも暑いんだもん。よく考えるとその扇風機は30年くらい使っているなあ。

広告を作るとき、Illustratorというアドビのソフトを使います。今でこそ、ワードでも印刷できてしまうけれど、やっぱりイラレが王道に変わりありません。で、僕自身は営業出身のため、広告業界に入った当初こそイラレを使うことはありませんでした。でも、業界に長くいるとそうも言ってられなくなるのです。外回り後、遅くに会社へ戻るとデザイナーが帰っていて、早々の修正のためしぶしぶ自分でやらなければいけません。そして、独立してからだと、外注予算が無い場合もあります。そんな時はわからないなりにイラレを開いてデザインするのでした。

イラレの実用書を何冊も買って読破し、実績も増えてくると、一時に比べたら随分とうまくなったと感じています。イラレ作業にもコツだったり、定番があるんですねー。そんなことをひとつひとつ身に付けていくと、デザインだってうまくなるのでした。営業、コピーライター、デザイナーと、広告制作のすべてを自分一人でできるようになった、ということです。イラストが書けなかったり、印刷機をもっていないことくらいだなあ。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。この業界でやれるだけのことをやっていきたいです。ダメだ、と思うのは簡単ですから。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!