ボランティアとして



地元の七夕まつりの前夜祭でした。その片付けを終えての帰りの道中、けっこうな確率でポケモンGOをやっている風な人々に出会いましたね。夜中の12時近くですよ。もっと他にやることがあるような気もします。

地元の活動にボランティアとして参加するようになったきっかけは、会社をリストラされたことです。リストラされた事実には今でも苦しめられて根に持っていますが、ボランティアに携わるきっかけになったことでは良い風に捉えています。サラリーマンのように定期的にお金がもらえるわけでもなく、時間給でお金がもらえるわけでもありません。それdもやる理由としては、やっぱり地元での社会貢献かなと思っています。

だって、住んでいる地元を案外知らなかったですからね。ボランティアに携わるようになって、見識はぐっと広がりましたから。変わった人がいたり、一生懸命な集まりがあったり、イベントや祭があったり。自分の回りのことから色々と知っていくと、さらにその回りのこともよく見えてくるように感じています。要は背伸びしすぎないってことですねー。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。もちろん、さぼらないってことも大切です。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!