不審者注意の喚起も



参院選がスタート。間接的に選挙の応援を手伝っていますが、選挙のやり方って変わらないんだなあと感じます。九州で豪雨にみまわれ、北海道のショッピングモールで包丁をもった男があばれた時とかさなり、これら惨事をどう受け止めたのかという視点をもっとみたかったと思います。

北海道でのその惨事には胸が痛みます。こんなことを防ぐ策は、政治家じゃあ務まりません。警備員はもちろん、やはり市民が対応しなければいけないのでしょうか。館内放送で車内泥棒や置き引きの注意を促すとともに、不審者注意の喚起も必要な時代ですね。

そういえば、この前近所のショッピングセンターへ行ったとき、泣き止まない子どもを親が叩いていました。はっとして睨んだら、すぐに親は冷静さを取り戻したようでした。まわりが見えない、見ようとしない人が多くなっているのかもしれません。多くの人が集まっているショッピングモールの中でも、なぜが自分がひとりぼっちに感じてしまう、それが疎外感につながっているのか…。どうして、と深く落ち込んでしまうのではないか。これは社会問題として考え、自分が出来ることに取り組んでいきたいです。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。いつもメールでやり取りしている人と、たまには珈琲でも飲みながら会って話すとか。それだって大切ですねー。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!