2021年に読んだ本

読書



【目標】2021年に50冊の本を読みます!
1月
001-東野圭吾「ブラックショーマンと名もなき町の殺人」
002-奥田英朗「コロナと潜水服」心が暖かくなる短編5編

2月
003-五十嵐貴之「リミット」ラジオ局が舞台のミステリー
004-吉村達也「それは経費で落とそう」サラリーマンの悲哀が面白い
005-赤川次郎「三毛猫ホームズの十字路」ホームズの活躍?が楽しめます

3月
006-誉田哲也「増山超能力師事務所」超能力を信じてしまう小説
007-又吉直樹「火花」ストーリーがわかりにくい

4月
008-原田マハ「旅屋おかえり」旅がもっと好きになる一冊
009-志賀晃「スマホを落としただけなのに」サスペンス要素を含んだ推理小説
010-森永卓郎「相続地獄」作者の相続体験記

5月
011-東野圭吾「白鳥とコウモリ」愛知県地方が出てきて嬉しかった作品、長編ミステリー

6月
012-志賀晃「あなたもスマホで殺される」ミステリー要素が少ないです
013-志賀晃「ちょっと一杯のはずだったのに」密室トリックの謎にびっくり

7月
014-喜多喜久「リケコイ。」山場のない恋愛小説