高価なたこ焼きにビックリ



名古屋へ出掛けました。道すがら、「名古屋駅への乗り継ぎ」「徳川園への行き方」を訪ねられました。もちろん、両方とも知っていたことなのでよどみなく対応できました。徳川園へのご案内は、英語でしたよ。ふふ。社会に貢献できました。えっへん。

毎月、どこかの地域で縁日(イベント)をやっています。カラフルなパラソルが軒を連ねて、自作の品や美味な食べ物などをふるまうお祭りです。その賑やかさにつられて出掛ける方は多いのではないでしょうか。ひとつひとうお店を覗くだけでも楽しめますよね。

でも、値段の付け方に首をひねりたくなる場合もあります。今日出掛けた縁日では、6個入りのたこ焼きが600円で売られていました。たまたま近くを通った若いお母さんが「高い」と言ってるのが聞こえてきました。僕も同じ意見です(その大きさを確認してないのであれですが)。別の縁日では、ペットボトルのお茶が一本300円、と言われたなあ。さらに別の縁日では、ビニールで出来た犬をころころをひいて遊ぶおもちゃがありますよね、あれが確か1000円です。値段の付け方は自由だけれど、来場者の高揚感に釘を刺すようで何だかなあ。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。これだけ多くの縁日が催されると競争が激しくなり、出展者が集まらない、お客さんが来ないってことが出てくるでしょうね。そうなってしまうと、縁日の本質が失われてしまうようで怖いです。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。