海外へ行くということ



薄い縁の知人二人が、海外へ行くことになりました。ひとりはワーキングホリデーで、もうひとりはビジネススクールに行くそうです。二人ともまだ20代と若く、30代としてはとてもうらやましい挑戦ですね。

海外でいったいどれだけ鍛えられるのかわかりませんが、僕としては仕事で行ってみたいですね。旅行なら、パッケージツアーがあるくらいに、いつでも行ける時代です。単純に、海外旅行が縁で、その海外での仕事に興味が出てくるのは自然な流れだと思うのです。

でもね、光る奴はどこにいたって光るんですから、日本で踏ん張ってやってみるのも良いと感じています。日本じゃダメだから、じゃあ海外ならいいのかというとちょっと違うと思うのです。海外だからこそできることをしっかりと考えていかないとね。その二人には、その志があるからこそ海外へ行くのでしょう。頑張ってほしいです。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。海外で仕事するって、どんな風なんだろう。考えるだけでもワクワクします。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。