TPPはどうなの



NHKスペシャルを観ました。テーマは、TPP。わからないことが多いですね。日本が交渉の舞台に立ったことは後戻りできないと言うことであり、後発組の参加です。後だしじゃんけんだなと感じていて、それが交渉力にどう影響されるのかまではわかりません。

農業や労働、投資などの21分野を11カ国で話し合います。それぞれの分野のエキスパートが交渉に立ち会うようで、その人たちに託すしかないと言うことですね。世論がグローバル展開に対してどこまで伝わるのか。これからの生活や人生に、大きく影響が出るのは必至です。さて、どう対応して行くべきかな。

とかく世界だ、グローバルだ、という時代です。海外ではTPPの研究に、随分前から取り組んでいるなと感じました。日本はどうなんだろう。交渉に参加するかしないかで揉めていた期間が長かったようだし、揉めていたと言うことは研究不足だったのでは、と勘ぐります。

TPPが取り出される度に、震災からの復興が遠のくような気がします。今日も僕のブログにお越しいただきありがとうございます。時代はどんどん新しくなっているなあ。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。