万能鍬が折れる



風が吹き荒れる中、畑プロジェクトをすすめるべきかどうかいきなり悩みました。けれど、天候が優れないからといって中止していては、この先どうなることかと思い、とにかく現場へ赴いたのです。

初回は、下見がてら少しだけやろうと思ったので、持ち物はいたって少量。備中鍬と万能鍬を揃えたのみ。電動草刈り機は次回からの登場です。クルマに乗せてビューンと行きたいところですが、移動時間を計りたいため、自転車の荷台に括り付けての出発。畦道を走るときは、だいぶガタガタしましたが、落ちることなく運べました。自転車で約10分。現場は、近い方です。

途方もくれそうな草畑も、二回目となると、若干見慣れてしまいます。そのため、臆することなく、さっそく農具で掘り起こすのでした。が、なかなかはかどりません。草ばかりだと良いのだけれど、木が多いのです。細い木が元気いっぱい伸びているんです。こいつらは、根が尋常にながーい。引っ張り出せないくらいにながーいのです。とにかく、前に進むために、掘り起こせない根っこはそのままに、茎でばっさり切ります。

手強い草木が多かったため、万能鍬は、柄の部分でぽっきりと折れてしまいました。じいちゃんの代から使っていた歴史の品がだいなしです。ごめんなさい。結局、時間だけが過ぎていき、ほんの少しだけ作業が進んで行きました。先は長い。

柄の部分で折れてしまった万能鍬。すぐ横は、引き抜いた草木です。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。