驚きの新聞記事



新聞の小さな記事で「高齢者の強盗」を読みました。
その犯人は、73歳。店員を脅して3万円を奪ったそうです。

犯行の動機までは書かれていませんでしたが
高齢化社会にさらに問題を突き付けるような事件だと感じます。
その年になったら、きちんと年金がもらえて
悠々自適な生活が送れるのだろうと、僕たち30代は思うものです。
けれど、それは違うという叫びをあげているということでしょうか。

高齢者の社会の役割を考えてみると子供の教育がすぐに浮かび上がります。
教育現場に体罰が横行しているに付けて救世主は高齢者じゃないかなと思います。
もしかしたら、強盗を犯してしまった高齢者は
自分の存在を知って欲しかったのかも、と勝手な想像も浮かんできます。

孤独は暴走を助長しますよね。
だから、助け合っていきたいです。

今日も僕のブログにお越しいただきありがとうございます。
自分は、73歳になったら何をしているのだろうか。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。