責任を持って会計する(事後集金) 088



飲み会の会費を事後集金する場合、集めるタイミングが重要となります。宴会の場合、受付も兼ねて、参加者が来場した際に会費を払ってもらいます。領収書が必要になってくる参加者もいるため、事前に用意した領収書を渡します(宛名、日付は空白にして用意します)。会費が集め終わったら、飲み会を始める前に店員に支払っておきます。
合コンの場合は、帰る間際に幹事が参加者から会費を集めて支払います。1万円札しか持ち合わせて来ない参加者もいるため、千円札や小銭を多めに持ち合わせておきます。細かいお金が無いことによる会費の立て替えは避けて、幹事は店員に両替を頼んで会費を集めます。
また、集金した会費を幹事の懐に入れて、飲み会の会計はカードで支払い、ポイントを貯める方法もありますが、参加者から良い印象をもらえないためおすすめできません。ただ、幹事のメリットとして、カード払いという方法もあるため、参加者の反応と幹事の判断で対応します。

幹事は会費を事後集金する場合 全額を立て替えて支払わないこと



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。