空いたグラスと皿へ目配りする 062



飲み会が盛り上がってくると、知らない内にグラスや皿がテーブルを占拠してきます。空いたグラスや皿をテーブルに置いたままにしておくと、邪魔なだけです。幹事はそのグラスや皿を、店員が片付けやすいように、テーブルの隅や個室の出入り口付近に集めます。ドリンクを飲み干してグラスを空にした参加者に対して、ひと呼吸おいてから「次は何を飲みますか」と声をかけます。飲み会では、飲みたいものや食べたいものを選ぶのが前提ですが、一緒になって次に注文するものを考えることが醍醐味にもなるのです。幹事は、おすすめのドリンクや料理を事前に調べておきます。
また、グラスや皿が会場オリジナルの場合、手に取ってじっくり眺めて話題にします。幹事の目の付けどころに意外性を持ってもらうことで、参加者の注目を集めます。空いたグラスや皿を手際よく片付けてくれる参加者が現れたら、幹事はお礼を言って全てその参加者にお任せします。

空いたグラスや皿をテーブルの隅に集めてから 店員に片付けてもらうこと



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。