話題をうまく振っていく 057



幹事は飲み会の司会進行役として、話題を振っていく役割があります。参加者の魅力を引き出せる話をつくります。映画好きな参加者がいれば映画の話題を出して、気持ちよく語ってもらいます。目立つ時計やネックレスを身に付けていれば、それを褒めて話題にします。参加者全員の共通項で盛り上げていく方法もあります。好きな芸能人は誰か、休日は何をしているのか、最近の大きな買い物は何か、などがあげられます。
幹事は事前に、飲み会の目的に適した盛り上がる話題を考えて参加するのです。しゃべっていない参加者に話題を振っていき、逆にしゃべり過ぎている参加者にうまいことブレーキをかけていきます。会話のグループがいくつかに分かれている場合、そのグループ間の架け橋となるように話題を持ち込んで、飲み会を一体的に盛り上げていきます。また、幹事は話題を振るとき、参加者に対して手を差し伸べて合図をしっかりと送ります。

参加者がしゃべりやすい話題を振っていき 幹事は聞き役に回ること



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。