席替えのタイミングを計る 056



飲み会で席替えが大切になってくるのは、合コンの場合です。少ない時間で、全ての異性と話をしたい願望が出てくるはずです。王道は、箸の袋に数字を書いてすすめる席替えの方法です。ただ、席替えは少なからず手間がかかるために、飲み会を盛り下げてしまう危険もあるので注意します。そこで、幹事ひとりだけが席を移動する方法もあります。参加者のうちの誰かがトイレのために席を立った時、幹事がその参加者の席に移動して座るのです。すると、トイレから戻ってきた参加者は、幹事が座っていた席に自然と座ることになります。一部の席替えだけでも、話す相手が変わってくるものです。
宴会の場合、席替えは特に必要ありません。参加者が勝手に席をかわっていきます。飲み会の席替えの目的は、話をしていない参加者と話をする機会を作ることです。予定時間の半分くらい経過したところで決行するのが、良いタイミングとなります。

席替えの必要性の有無を判断して 決行する場合はタイミングを計っていくこと



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。