ビールを注ぎに回る 055



飲み会で親交を深める機会として、ビールの注ぎ合いがあります。幹事が率先して席を立ってビールを注ぎに回ることで、周りの参加者も動き易い雰囲気を作ってあげるのです。冷えたビール瓶を選んで回っていきます。
宴会の席では、上司や先輩にビール瓶と空のグラスを持って歩み寄ります。盛り下がっているグループがいたら、積極的に話題を振ってその場を盛り上げたり、体を張ったネタで笑いをとります。少人数の合コンは、幹事が動き回る必要はありません。わざわざ注ぎに回るとうっとうしく感じられてしまいます。また、ビールを注ぎに回りながら、グラスに注がれたビールを飲みまくっていると早く酔ってしまうため、ひと口つける程度にします。幹事は、ビールで満たされているグラスを持つことで、少しだけ注がれるように仕向けるのです。
ただし、参加者から「飲んで空にしてください」という要望があればそれに応えてあげます。ビールの注ぎ合いで、飲み会を一気に盛り上げていきます。

料理でお腹を少なからず満たしてから ビールの注ぎ合いの口火を切ること



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。