料理をきちんと食べる 048



幹事は、ドリンクをおいしそうに飲みながら、料理をおいしそうに食べながら、飲み会を盛り上げていきます。話すことだけに夢中にならないように、よく飲んでよく食べます。特に料理は残さずに食べるようにします。ひと口程度の残った料理が長い時間テーブルにある場合、幹事がそれを食べて皿を片付けてもらうのです。運び込まれたばかりの料理には、幹事がすぐにでも食べ始めることで、周りの参加者が料理に箸をつけやすい流れを作ってあげます。
ただし、参加者が食べたくて注文した料理が出てきたら、その料理を注文した参加者の前に運んでもらいます。サラダやパスタなど、盛り分けした方が良い料理なら、幹事がその役割を引き受けます。
また、空腹時にお酒を飲んでいくと酔いが早くまわる傾向があるので気をつけます。ぽろぽろと料理をテーブルにこぼしたり、箸で参加者を指したり、料理を口に入れながらの会話はマナーが悪いため、絶対にやってはいけません。

運ばれてくる料理の食べ方で 飲み会の流れをスムーズに作っていくこと



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。