遅刻者には優しくほほ笑みかける 042



幹事は、飲み会に遅刻してくる参加者に優しく接します。決して遅刻を怒ってはいけません。申し訳ない気持ちで参加してくれる遅刻者に、幹事が反抗的な態度をとってしまうと、飲み会の盛り上がりが萎んでしまうからです。駆けつけてくれた参加者を、飲み会の他の参加者にきちんと紹介してあげます。遅刻者の到着を告げるのです。それに、飲み会の進行具合を遅刻者にそっと耳打ちします。遅刻者が席に着いたら、店員を呼んですぐにドリンクを注文します。乾杯の仕切り直しを遅刻者も交えて行うのです。乾杯の音頭は、遅れてきた参加者にやってもらって、飲み会を更に盛り上げてもらいます。
また、遅刻者からのケータイ連絡が幹事にあるかもしれないので、ケータイを鞄などに入れずに、テーブルの上に置くかポケットに入れて、着信が解り易いようにしておきます。幹事は、遅刻しても飲み会に参加してくれることに感謝するのです。

遅刻者を優しく出迎えて 飲み会の輪に入り易いようにしてあげること



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。