寒い日に催す飲み会の対策 024



飲み会の開催日が、身をかがめたくなるほど寒い場合だってあります。参加者は防寒のために、厚手のコート、手袋、マフラー、ニットキャップなどを身につけて来ます。幹事は事前に、それらの防寒具の置き場所を確認しておくのです。会場の入口で預かってから専用のクロークに保管するのか、会場の席の一角を専用の置き場にするのか、各自が身の回りに置くことになるのかを知っておきます。もちろん帰り際には、忘れ物の確認と受取間違いがないように声をかけて行きます。
また、凍えた体を温めたいため、鍋物や汁物を注文しますが、やけどに注意して振る舞っていきます。空調による飲み会の席の温度調整は、どんな日でも必要なことであり、寒すぎず、暑すぎないコントロールを心掛けます。個人差が出てくるため、重要参加者や女性に体感温度を確認して調整していきます。寒い日の飲み会は、参加者の縮まりがちな気分を幹事がしっかりと温めます。

寒い日の飲み会だからこそ 心も体も温まる飲み会にすること



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。