雨の日に催す飲み会の対策 021



飲み会の開催日に雨が降ってきた場合、幹事の役割が少し増えます。降雨によって、クルマで道路が渋滞したり、電車が遅れる交通トラブルが発生し易くなります。そのため、飲み会に遅刻する参加者が多くなりがちです。幹事は、その遅刻してくる人のサポートをしっかりやります。電話応対では、「気をつけて来てください」とひと言添えてあげるのです。それに、ハンカチとティッシュを持って行きます。参加者は服や鞄を雨に濡らしながら、会場に足を運んでくれます。幹事は、濡れたものを拭いて差し上げます。また、飲み会が終わる頃に雨が降り出しそうな天気予報が出ている場合、幹事は傘を必ず持って行きます。傘の置忘れや取り間違えがないように、しっかりと伝言しておくのも大切なことです。
台風の接近がニュースで取り上げられているなら、潔く中止にします。雨の日の飲み会は、参加者の沈みがちな気分を幹事がしっかりと支えます。

雨の日の飲み会だからこそ 気分は晴れやかに参加すること



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。