参加者に小ネタ披露を依頼する 015



盛り上げ役とは別に、飲み会を組み立ててくれる頼もしいパートナーを確保します。幹事と盛り上げ役が絶妙なコンビネーションで飲み会を盛り上げても、厳しい局面になることが必ずあります。そんな時は、小ネタ披露役が必要なのです。野球の試合でのワンポイント投手のように、仕込んでくれるひとつのネタに集中して披露してもらいます。殻を破れば大物になりそうな人や、一線を越えれば楽しくなりそうな人に小ネタ披露役をお願いします。
特に、新入社員や部員など、飲み会を登竜門としてくぐることで、成長してほしい人や素顔を見せてほしい人に声をかけるのです。小ネタ披露役には「一芸をよろしくね」 と優しくひと言添えておきます。飲み会を盛り上げるために、幹事ひとりのチカラでは微力なのです。どんどん参加者を巻き込んでいくのが望ましいです。幹事は、小ネタ披露役が仕込んでくれるネタを自然に披露できるように、飲み会の舵を取っていきます。

二人三脚で飲み会を楽しんでくれる 小ネタ披露役を事前に決めて参加すること



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。