開始時間の決め方のポイント 006



何時から飲み会を設定するのが良いのか。午後6時〜午後8時が妥当で、さすがに夜9時開始だと、疲れが表情に出てしまい、ため息ばかりの場になってしまいます。仕事が終わってからの飲み会の場合、定時からプラス1時間までに設定する必要があります。例えば、午後5時が終業とすると、遅くても午後6時の開始となります。仕事を終えてから飲み会を始めるまでの時間にも、気をかける必要があるのです。飲み会を楽しい時間のまま進行できるのは2時間くらいのため、遅くても午後8時には始めたいところです。午後10時でお開きにできれば、余裕を持って帰路につけるし、二次会の選択肢も広がります。
また、飲み会の開始時間は30分単位で考えていきます。午後7時15分から、という設定は、遅刻者の原因を作ってしまうだけのためおすすめできません。開始10分前に来る参加者は稀だということも頭に入れておきます。

参加者に意見を聞くけれど 幹事の都合が良い開始時間で決めること



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。