延焼している山林火災の火の元は、どうやら火の不始末みたいです

タバコポイ捨て禁止



栃木県足利市で山林火災が発生しています。発生4日目でもなおもう続けているようで、近隣民家への延焼が心配です。どうやら火元は、ハイカーの休憩場所付近みたいですね。タバコのポイ捨てでしょうか。もしそうならば、とても残念です。一瞬のマナー違反が、ここまでの大惨事を起こしてしまっている現実です。

比較するには少し違うかもしれませんが、我が家に薪ストーブがあります。着火は工夫が要りますが、火がついた後はあっという間に広がっていきます。

火を起こすためには三つの要素が必要です。火の元、燃える物、そして空気。今回の山林火災に当てはめてみると、火の元は誰かの日の不始末、燃える物は山林、空気においては強風という条件でした。延焼を防ぐためには、どれかを無くすか、少なくします。消化活動を見守っていきたいです。週末に向けての雨が、恵みの雨となりそうです。

日本の森林面積は、約2500万ヘクタールで、日本の国土の実に67%(国土の3分の2)が森林です。広大に広がっている森林を減らすことはできません。空気をなくすことはもちろん不可能で、強風を食い止めることもそうです。となると、火の元をなくすしかありませんよね。マナー違反による火の不始末は、すぐに無くさなければ。

マナー違反をなくせない事態は、もしかしたらマナー違反を注意する側がいなくなったのかなと感じます。タバコのポイ捨てを見かけて、、注意できるかと考えると、僕はできないなあと情けなく思います。

コロナ対策もマナーだよなあ。大切なことを見失いかけているかもしれないので、ちょっと気をひきしめていきたいです。今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。