犬を飼いたいと思い、子犬探しを始めました

子犬



先週、動物愛護団体が管理運営しているシェルターへ行ってきました。子犬などの譲渡会が開かれていたのです。可愛い子犬に会える楽しみを持ちながら、その現場状況が劣悪ではないかと少なからず気がかりでした。

実際に現地近くに着くと、順番を待つ何台かの車がありました。コロナ禍で、譲渡会に参加できる人数を制限されています。受付を済ませると、自分たちの順番は、約2時間後でした。状況が状況ですから、待つしかありません。

車で10分ほどの場所にあるカフェで時間を潰してから、再び譲渡会のシェルターへ。入り口で、靴底と手指の消毒を済ませてから、中に入りました。

常に吠えている犬、怯えている犬、じっと動かない犬、人懐っこい犬、寒がっている犬、犬の表情はいろいろでした。見ることができる範囲を、ぐるぐると何回か回りましたが、結局いい巡り合わせはありませんでした。

初めてシェルターへ行きましたが、ちょっと悲しい気持ちになったのが正直な感想ですね。一緒に行った家族も同じ意見です。

犬を飼いたい、というのがそもそもの目的。そのためにシェルターで譲渡してもらえるかどうか。ブリーダーを訪ねる、ペットショップも見てみるなど、他の方法も取り入れていきたいと思います。

子犬探しは始まったばかりです。今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。