地元に新しいインターチェンジ「一宮稲沢北」が開通しました

一宮稲沢北



今年の3月も今週で終わり4月に入ります。桜の開花はいかがでしょうか。我が家の庭に、小さな桜が植えてありますが、まだまだ蕾段階です。今週末には開花かな。うまく芽吹かず、すぐに葉桜になってしまうことが多いため、今年はどうかな、と気がかりでもあります。

先日、地元に新しいインターチェンジ「一宮稲沢北」が開通しました。これで市内には、8箇所のインターチェンジが開通したことになります。市内には、パーキングエリアと名神と東海北陸道のジャンクションもありますから、交通の要所と言ってもいいですよね。

車の交通量が多くなり、地元民としては、インターチェンジが多いことが良いのか悪いのか判断に揺れる面もあります。一宮インターチェンジ付近は渋滞で有名ですからね。

開通した「一宮稲沢北」インターを利用するかとなると、地元民でありながら、多分利用しないです。東海北陸道へ通じるインターで、そこよりも「木曽川」インターの方が自分の住所地からは都合がいいのです。あわよくば、下道の渋滞緩和に繋がったら嬉しいですね。

地元、一宮市の経済効果に繋がればいいけれど、まあ無理でしょうね。では、なぜ新しいインターを作ったのか。多額のお金を使ってまで作るのか。渋滞緩和、地元の経済効果がよくあげられます。経済効果が期待できないとなると、渋滞の緩和となります。そもそも車を減らせばいい話のようにも思います。政治家の自己満足という話もありますが、そうだろうなあ。

とにかく、事故が増えることだけはやめてもらいです。一宮市は交通の便がいいですよ。鉄道駅も多く、名鉄とJRが通っていて、なんと19駅もあります!うちは、市境にあるため、駅の利便性はあまりよくありませんが、駅の数は自慢できますよね。

今日も僕のブログにお越しくださり、ありがとうございます。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。