活動の縮小、参加者の高年齢化が避けられない町内会活動

用水掃除



今日は晴れました。昨日は、春の嵐か、気温が低く、時折雨や風が強く打ちつけてきました。4月だというのに、とても肌寒い一日でした。早く春が来て欲しいと祈ります。

地元の町内会の活動に参加しています。その一つに、用水掃除の組合があります。どこもそうだと思いますが、参加者の高年齢化は避けられない現状がうちの組合にもあります。活動の縮小も否定できません。

あと10年も過ぎてしまったら、組合は多分解散になるでしょう。僕らの中年の年代に引き継いでいくことがもちろんベストです。けれど、そもそも農業をやる家庭が居ませんから、引き継ぎのやりようがありません。

うちも農業を事業としてやっていませんから、用水掃除は町内会の付き合いでやっていると言えそうです。

もし、組合が解散となり、用水掃除が滞ってしまうとどうなるのか。雑草が生い茂り、水路に泥がたまり、水が流れなくなってしまいます。土地の水捌けが悪くなり、台風が来たらすぐにその地域は、冠水してしまう恐れが出てきます。

治水工事として、用水に蓋をする方法がありそうですが、その計画すらないのが現実です。用水掃除をやりながら、今後どうしていくべきか、考えながらやっていきたいです。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。もうすぐ大型連休ですね。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。