根腐れしてしまったベンガレンシスを回復させるために、土を入れ替えました

ベンガレンシス



観葉植物専門店で購入したベンガレンシスが弱ってしまいました。症状は最悪で、葉が枯れてポロポロと落ちてしまい、枝がカラカラに乾燥して折れてしまう惨状。

症状の主な原因は、根腐れとわかりました。冬の寒さも起因していそうですが、暖かい部屋に置いてあったため、やはり根腐れが引き金だと思っています。

ベンガレンシス

鉢に入っている土を交換するため、早速、最寄りのホームセンター「カーマ」さんへ行ってきました。

「観葉植物の土」「赤玉土」を購入。「観葉植物の土」(12リットル)は1袋650円くらいです。野菜、庭木専用は多くありますが、観葉植物専用は1種類しかなかったので、すぐに見つけることができました。ちなみに、6袋買いましたが、私は3袋使いました。

赤玉土

「赤玉土」(保水性や排水性に優れている小粒の10リットル)は1袋250円くらいです。「観葉植物の土」に少量を混ぜるだけのため、半分以上は残ってしまいます。そのため、使用後は保管が必要となります。

「観葉植物の土」に少量の「赤玉土」を混ぜ合わせた新しい土をしっかりと詰めながら、鉢に入れていきます。木の棒でぐいぐいとかき混ぜながら、手で上から押し固めます。また、鉢底に軽石を敷き詰めて、保水性を高めます。

ベンガレンシス

土の入れ替えが完了後、たっぷりの水を与えます。大体2リットルくらい入れます。鉢の下から溢れ出てくるくらいの水量です。水の量が多すぎると、鉢受皿から溢れてくるため、雑巾やタオルがすぐに取り出せるようにしておきたいです。

ベンガレンシス

新しい土にベンガレンシスが根付くまで、約2週間がかかります。それまでは、風通しがよく、カーテン越しの日光が当たる場所で、見守っていきます。

根腐れで枯れてしまった枝の剪定をお忘れなく。剪定鋏で切ってみると、その切り口に空洞を確認できます。枯れた箇所ではなく、健康な箇所で枝を切り落とします。ベンガレンシスの成長力で、どのように治癒していくのか、見届けたいです。

ベンガレンシス



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。