緊急事態宣言が発令されても、明確なメッセージが伝わりません

目指すゴール



3回目の緊急事態宣言が発令されました。対象は、東京都、大阪府、京都府、兵庫県。どうしてその4都府県なのか丁寧な説明が見当たりませんが、病院の逼迫度合いが大きいのだろうと想像ができます。

宣言対象の国民が、宣言外の隣の県に人波となって押しかけていると聞きますから、早くも人出抑制ができていない現実です。発令期間の5月11日までに、果たしてどれだけの効果が現れるのかな。

週刊誌で読みましたが、政府が目指すゴールはどこなのだろう。新規感染者数がゼロなのか、ある程度の数まで減らしていきたいのか。ワクチン接種をどう進めたいのか。地元の高齢者への接種は、どうやら6月頃のようで、オリンピックが始める頃にようやく終わるみたいです。それから、やっと一般人への接種予約らしいです。らしい、と言っているだけで、確定ではなく、多分スケジュールはずれ込んでいくだろうなあ。

政府は、コロナ禍にどう対策をとっていくのか、なんだか中途半端と感じます。夏のオリンピック、秋の総選挙をみているだけだと言えそうです。緊急事態宣言を出しながら、オリンピックを開催しそうな勢いです。

GoToキャンペーンの失敗から何も学んでいません。コロナ収束に向けての足並みが乱れました。ここでもう一度、しっかりとコロナ収束を見据えた対策をとっていかねば。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。