ロックダウン、PCR検査、ワクチン接種がコロナ対策の切り札

切り札



コロナ禍が続いています。冷静に周りを見てみると、地域が限定されていますが、日本は緊急事態宣言下であり、国家の非常事態です。連日、自分なりにコロナ関連の情報を必死で集めています。

定期購読している「AERA」にちょっと気になる記事が掲載されていました。例えば、東京都民の皆様に、PCR検査を実施したら、1万人くらいに陽性反応が出るだろう、という内容です。それは、自覚症状がない人が結構いる、という現実が明るみになることです。

隠れ陽性者がそんなにいるんだあ、だけでは済まされず、東京都はオリンピックが7月に開催されます。コロナ感染者がいる地域で、オリンピックなんか開催できないよ、というのが誰もが思うことですよね。

単純に考えると、もしオリンピックの開催がなかったら、もっともっと効果的なコロナ対策ができていた、ということだよなあ。

都市のロックダウン、PCR検査、ワクチン接種、この三つが世界各国で行われているコロナ対策の基本みたいです。

日本ではどうか。学校の休校をやったり休業要請を出しているがロックダウンはやっていません。PCR検査は、発熱があったりの症状が出た人や濃厚接触者に限定されていて、無症状の人は対象外。ワクチン接種は昨今のニュースの通りで遅れていて、現場が大混乱しているだけ。あらら。

7月の都議選前に、オリンピックを一体どうするのかの結論が出されるでしょう。中止か、延期かのどちらかではないでしょうか。東京都知事の鶴の一声ですよね。5月末期限の緊急事態宣言を延長して、そのためにオリンピックも延長します、みたいな。個人の想像ですよね。

今週末から来週早々に、大きく事態が大きく動きそうです。僕はひたすらやるべきことをやるだけです。今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。