コロナ後の社会を想像していきたい

コロナ根絶



ふと思いました。新型コロナウイルス感染症対策をしっかりとやっています。並行して、コロナ根絶の取り組みはやっているのだろうかと。やっているはずだけれど、ではどんなことをやっているのだろうか、ほとんど知らないと気づきました。例えば治療薬の開発でしょうか。

ネット検索して調べてみると、大手製薬会社が2021年内の早期承認を目指して開発を進めているようです。もし実現したら、世界最速の治療薬になるそうです。それはすごい。ワクチン開発でだいぶ遅れをとってしまったけれど、治療薬では日本の製薬会社が先行しているんですね。

治療薬の開発が、コロナ根絶に向けての一つの対策として、その他もあるのかな。ワクチン接種も大切とわかりますが、どうやらそれだけでは難しそうだとわかります。

ウイルスをやっつけるというよりも、ウイルスの増殖を抑えるということが求められているのかな。コロナに感染して入院した場合、治療方法は酸素を注入したり、呼吸を助ける措置になるのだろうと素人なりに感じています。あとは、本人の治癒力や免疫力に任せる形です。

根絶に向けてのメッセージが何も聞こえてこないため、それは難しいのだろうと。風邪をひかないように毎年気をつけていますが、これからはコロナ感染しないようにも加わっていくのでしょうね。

コロナ後の社会を想像していきたいです。今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。