レタスの種をそのまま植えられる鉢に蒔きました

レタス01



先日、岐阜県多治見市の陶器まつりへ行ってきました。多治見の郊外を仕事の都合で何回か尋ねたことはありますが、市街地は初めて。陶器まつり開催日のためか、駅周辺はとても賑わっていました。コロナ禍でもありますが、徐々にこういった日常を戻していかないとね。

ショップや露店が並んでいる通りが3つあり、やはり主要通りで見事のある陶器が多く並んでいました。夏日と言われた日。人が行き交う場所を歩くだけでもくたくた。一期一会の花瓶、皿、丼を買いました。大切に使っていきたいです。

トーホク育成のレタスの種を購入しました。レタスも色々な種類がありましたが、馴染みのあるレタスの品種を選びました。シャキシャキ美味しいレタスみたいです。初めての挑戦のため、勉強しながらやっていきたいですね。

レタス02

育苗ポットは、ジフィーポットを選択。これは、種から目が出てきたら、鉢から出す必要がなく、そのまま植えられます。そのため、鉢の処分の手間が省けます。よく見かける黒色の苗ポットやトレータイプは、環境面も考慮して使用を控えました。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。ようやく春めいてきました。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。